てんかん専門医でテグレトールを処方

てんかんという病は、脳の電気信号の異常によって発作的に発生するもので、意識障害などの強い症状が現れます。そのため日常生活へのリスクや行動の制限は比較的多く、あまり症状がひどい場合にはラミクタールやテグレトールのようなてんかんの発作を予防する薬を利用することになります。てんかんの治療としては、医薬品による治療の他にも、外科手術によって発作の起きる脳の部位を切除するという方法もありますが、これは発作部位が明らかになっているときや、あまりにも症状がひどく発作が薬では抑えられないという方に限定されています。
テグレドールはてんかんの発作を予防する代表的な薬の一つです。てんかん予防薬は脳の興奮をさえて電気信号を鎮静化させる仕組みです。テグレトールはペンテトラゾールによって誘発されるけいれんを抑えることができます。そのためペンテトラゾール以外の原因を持つけいれんを抑制することはできないので注意が必要です。
テグレトールはこうした有効なてんかん発作の予防薬として知られていますが、その一方で重大な副作用などの欠点も報告されています。なので、個人輸入などの通販でこの薬を購入する際には注意が必要です。また、自分のかかりつけのてんかん専門医がいるのなら、通販サイトよりも情報に精通しているのでアドバイスを求めてみるのも良いでしょう。てんかん発作の予防薬はテグレトールの他にもいくつもありますが、それぞれの薬によって微妙に効果や作用するまでのメカニズムが異なるため、より自分に合った薬の選択には通販サイトの情報だけでなく、専門医の意見や処方箋をもらうことが確実です。てんかんの専門医や専門の医療施設は全国に多く存在しているので、てんかん発作について気になるときは訪ねてみるとよいでしょう。