てんかんは何科で治療できるの?

てんかんかもしれない、と言った場合、どこの科を受診したら良いのか、日本ではその辺りがあいまいになっており、迷うところです。
患者が子供の場合は、基本的には小児科医になります。ただし、大人の場合ですと事情は少し複雑になってきます。一応、精神科、神経内科、脳神経外科等が良いと言われていますが、しかしこの三つの科であれば必ず診てもらえるのかと言えば、必ずしもそうとは限りません。また、逆に普通に内科で診てもらっている方もいます。
てんかんの治療は、一般的には内服薬による治療が主となります。たいていの場合、薬を服用することで発作等は抑えられ、通常の生活に支障はないのですが、まれに外科手術を必要とするケースもないわけではありません。しかし、現在は良い薬が開発され、仕事に就くことも全く問題なく出来ます。このてんかん発作を予防する薬がテグレトールです。
テグレトールには脳神経の興奮を抑える働きがあります。これによっててんかん発作を抑えるわけです。テグレトールは歴史も長く、特に部分発作に対して高い効果を誇っています。
そのテグレトールですが、今は通販で購入することも出来るのです。インターネットで検索をすると、ネット通販で簡単にこの薬を扱っているサイトが出てきます。通販で購入できるこの種の薬の中では、テグレトールは効果が高いことで知られており、人気のある薬だと言えます。しかも薬価も安く、てんかん発作に困っている人達には非常にありがたい薬でしょう。
このようにいろいろと便利なテグレトールですが、過信は禁物です。てんかん発作は同じように見えたとしても、一人一人その状況は異なっています。また、薬の効き具合も人によって違ってくるでしょう。テグレトールだけに頼らず、何かあった時には必ず医者に相談しましょう。